ハードディスク(HDD)が影響

空き容量による問題

空き容量による問題ハードディスクのパフォーマンスを最も左右しているのは、その空き容量です。最低でも50% の空き容量がCドライブにあることをお勧めしています。空き容量が減少してくると、システムパフォーマンスは劇的に低下してきます。
ハードディスクの空き容量が危機的に少ない状態でホームページの閲覧や電子メールを送信しようとすると、驚くほど遅くなっていることに驚かれることでしょう。データのフラグメンテーションレベルが10%を超えないことをお勧めしています。


ハードディスクの断片化(フラグメンテーション)

ハードディスクの断片化(フラグメンテーション) もしハードディスクに記録されているファイルが離れた場所に記録されていると、ハードディスクのヘッドは移動が大きくなり、読み込みが遅くなります。本来、1つのファイルのデータは可能な限り近くに記録されていることがベストです。

このようにWindowsがファイルをハードディスクに記録する際に、時々1つのファイルを複数の分断されたファイルとして記録することがあります。これをハードディスクの断片化(フラグメンテーション)といいます。
これが毎日、毎月、毎年とどんどん蓄積されていくと、ハードディスクの中は迷宮のようになっていきます。迷宮状態となっているため、1つの必要なファイルを探し出すために、ハードディ スクをものすごい勢いで頑張ってアクセスし、時間をかけてやっと必要なファイルを作り上げることになります。そのアクセス速度の差は60倍にもなります。
そうです、これがパソコンを遅くしている最大なる要因の1つとなります。


ジャンクファイル

不必要なファイルは、複数の要因によって作られてきます。いつか綺麗にしようと思っているWindowsの「ごみ箱」もそのひとつ です。しかし、ごみ箱のファイルは、多くのハードディスク領域を必要としています。このハードディスク領域を取り戻すために、利用者はごみ箱を空にする必要があります。また、Windowsとアプリケーションは一時ファイルを様々な状況下で作成します。そして面倒なことに、Windowsやアプリケーションはその一時的なファイルを必要としなくなったのに削除しないことが多くあります。例えば、Internet ExplorerとFirefoxはネットアクセスを高速化するためにファイルを一時保管し、それをキャッシュと呼びます。しかし、特大のキャッシュサイズとなった場合には、ブロードバンド接続の際には逆にネットアクセスにおけるパソコンのパフォーマンスを低下させることになります。

無料診断を開始する
無料診断ツールをダウンロードし、ファイルを実行または保存してインストールを行なってください。