WindowsPCが遅くなる理由~高速化するには~

“なぜWindowsパソコンは遅くなるのでしょうか?”

最初はサクサクと動いていたWindowsがなぜストレスが溜まるほどまでに遅くなるのでしょうか?その理由には実に様々な要因があり、Windowsパソコンを高速化できる要因につながります。

パソコンが遅くなる原因はこんなに!

Web環境

サイトにアクセスする度に、インターネット一時ファイルやCookieが膨大に蓄積され、その結果ハードディスク空間を多く消費します。

一時ファイルの蓄積

電子メールに添付されてきたファイルは、一時ファイルとして蓄積されていきます。月日の経過と共に、これが膨大なハードディスク空間を必要としてきます。


不要なスタートアップアプリケーション

必要なアプリケーションの他に、試しにインストールしてみたアプリケーションやあまり起動しないアプリケーションによっても、「Windows OSを起動する度に自動的に起動するスタートアップアプリケーション」や「タスクトレイに常駐する不必要なアプリケーション」が勝手に追加され起動アプリケーション数が増加してきます。これがOSの起動時間を長くする原因となり、またメモリ空間を占有するため、全体的な動作を非常に遅くします。


マルウェア

最近のウイルスやスパイウェアは、AntiMalwareソフトによって検地されないよう巧妙になってきています。複数のアンチマルウェアソフトウェアを利用して慎重になることは悪いことではありません。また、インターネットから無料のソフトウェアをダウンロードすると強制的に不必要な広告表示ソフトやブラウザバーなどに常駐するソフトウェアをインストールするものが数多くあります。


メモリ

近年のWeb2.0型ウェブサイトや巨大化するAdobe FLASHファイルなどにより、パソコンのメモリ空間をより多く必要とするウェブサイトが増加してきました。現在の限られたメモリ空間を有効に活用し、無駄な投資をしないためには、メモリ内に存在する不必要なアプリケーションを減らすことが肝心なのです。Windows XPでは、1GB以上、Windows Vista,Windows7では2GB以上の搭載を推奨しています。


フラグメンテーション

Windows OSは、利用するに従ってハードディスク内に記録されているファイルが断片化していき、その結果としてハードディスクへの書き込みや読み込みが極端に遅くなります。
断片化されている状態では、連続してハードディスクへの書き込みができず、空いている空間を一生懸命探して、書き込んだり読み込んだりしなければならず、そのために書き込みや読み込みに時間がかかるようになります。デスクトップ型パソコンと比較してノート型パソコンは、ハードディスク容量が小さくディスクアクセスも速くないため、この現象が特に顕著に現れることが多くあります。


デバイスドライバ

不具合があるままの古いドライバを使い続けることは好ましくありません。しかしながらこのことについて、多くの人はほとんど気にしていないのではないでしょうか。また、パソコンで利用されている数多くのドライバの最新版を定期的に探すのはとても面倒なことです。ですが、最新のドライバを導入することにより動作の安定性が高まり、機能向上や動作速度向上がなされていることも多くあり、快適にパソコンを利用するためには、ぜひとも最新のデバイスドライバを利用しておきたいものです。

Windowsパソコンが遅くなる原因はさまざまあります。逆に最適化・高速化する方法も様々あります。まずは、高速化の無料診断ツールを利用して、パソコンのパフォーマンスを確認してみてはいかがでしょうか。特に使い続けているWindowsXP、WindowsVistaはメモリの使用状況、一時ファイルの状況などを改善するだけでも高速化するかもしれません。以下の「無料診断を開始する」ボタンから高速化の無料診断ツールをご利用ください。

無料診断を開始する
無料診断ツールをダウンロードし、ファイルを実行または保存してインストールを行なってください。